ドールのチラ裏

毎日更新をモットーにしていました。自分用メモ要素しかありません。

baidu

無料で2TB分のクラウドスペースが使えるので有名な百度云に登録して2TB分の容量を獲得しました。

 手順は ぐぐったら最初に出てくるNeverまとめ()に乗ってるようなやり方が主流だったんですが、最近になって中国本土の電話番号登録以外だと正規登録までいかなくなったみたいなので今回は中国版Twitterと呼ばれてる「微博(うぇいぼ)」経由での登録を行いました。


微博アカウント登録リンク(http://weibo.com/signup/signup.php)からメアドとパスワードとニックネーム(IDになるっぽいので他の方と被らないものを入力)と住んでる場所と右に表示されてる英文字を入力し次へ進みます。


その後電話番号の登録が必要なので、自分の携帯番号か、それが嫌ならNextplus Free SMS Text + Calls 等
の無料でケータイ番号が取得できるアプリを利用して番号を発行した後、入力してください。

この時、日本の番号の場合は国選択から「Japan」を選択してください。他のアプリで取得した番号はその国を選択して入力してください。

そして認証コードの発行ボタンを押して数十秒待てば6桁の番号が書かれたSMSが届くと思うのでそれを入力すればおkです。

たまにうまくいかないことがあるので受信してから2,3分位待ってからやったら出来るかもしれません。

 
微博のアカウント登録が完了したら 百度云(http://yun.baidu.com/)へ行き

無題

ここをクリックしたらすぐに使えるようになります。Twitterのアプリ連携と同じっぽいのだと思います。


この時点ではまだ5GBしか使えないので

http://yun.baidu.com/1t にアクセスしてAndroid用かiPhone,iPad用のアプリをDLして、スマホにインストールします。(怖い人は仮想環境作って(ry)

入れたアプリで同じく微博のアイコンをタップし、登録に使ったメアドとパスワードを入力すれば完了です。

完了したらこの記事の最初の画像のように2055GB利用可能になってるかと思います。

終わり。 

Amazonで販売してる東芝製の32GB microSDカード(これ)が送料込みで930円だったので2つ買ってみました。
DSC_0039

32GBのmicroSDカード2つで1860円…いい時代になりました。。

まぁ2つも使わないので1つはリア友に売る予定です。


早速速度測定してみました。
無題

Read 40MB/sを謳っており、そしてClass10ということですが、Write速度が10MBに達していない結果となってしまいました。

が、実際にデータを書き込んでみたところ12MB/s程度出ていたので規格違反では無いみたいです。

今後このSDカードをスマホで使っていき何か感じたことや問題が起きた場合は追記を書こうと思います。

おわり
 
 東芝 microSDHC 32GB 防水 40MB/s Class10 UHS-I TOSHIBA
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00QRRJ6LE (この記事を書いてる時は960円で販売されています。)

s-32982_wfAPydfmQa1
20100mAhの超大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore 20100」が発売されて初回数量限定版がAmazonで3,199円だったので購入しました。(現在在庫が切れていて転売屋によって高値で販売されていますが定価は3,999円となっています。) 

 
CN5EkVYUkAAKVS9_orig
パッケージはシンプルでコンパクトな感じ


CN5EkmiUkAAnmKt_orig
バッテリー本体、microUSBコード、ケース、保証書、説明書が付属しています。
 
充電器は付属していませんでした。(こんなの買う人は充電器の2つや3つは持ってそう)


CN5GaCbUwAAbHRS_orig
3年位前に発売されたPanasonicの10000mAhのバッテリーと比較。

パナの方は薄いですがとても大きいです。


 CN5nNRIVAAAszLF_orig
説明書にはこのような性能説明がされています。

出力は5V/4.8Aとありますが、実際には1ポートあたり最大2.4A出力で、2ポート合計で4.8A対応となっています。

 重さは少し重い方だと思います。


◆実際に使ってみて 

本体には4つのLEDランプが付いておりランプの光る数で電池残量が分かります。

また、スマホと繋ぐことで自動的に出力が開始されるみたいで、本体横のボタンはバッテリー残量確認をするボタンのようです。

最大2.4A出力対応はやはりすごく、急速充電対応の充電器と変わらない速度で2台同時に充電が可能でした。


◆どれくらい使えるか検証した 

フル充電してどれくらい使えるか試してみました。

検証に使ったのは

Xperia Z3    3100mAh 
Z3compact  2600mAh
F-04E          2420mAh
SH-04E       2000mAh

です。 Z3とZ3compactを1回ずつ、F-04EとSH-04Eを2回充電する事が出来ました。

 単純計算で14540mAhの充電が出来た事になります。

これで少ないのではと思う方も居ると思いますが、このmAhという表記は内蔵されてるバッテリーが3.7VでありそれのmAh表記であるため、USB出力をするにあたって5Vに変換しないといけなく、ロスが発生するため実際には表記されているmAhの約7~8割しか使えない場合が多いです。

この場合20100mAhの75%が実際に使えると仮定した場合約15000mAhなので、しっかり20100mAh分の充電が出来ていることになります。


 ◆まとめ 

Anker PowerCore 20100は誇示表示な性能では無く十分な性能でありながらも3999円という安さを実現している超オススメモバイルバッテリーです。

ガジェット好きの人や長期外出をする方には是非オススメしたいバッテリーです。

現在は転売屋等が高値で販売している状態ですが一時的なものだと思われますので、在庫が入ったら是非購入してみてはいかがでしょうか?

Amazonリンク (AD無し)
http://www.amazon.co.jp/dp/B011TQEJXM/ 

↑このページのトップヘ